Top > 医療 > 髪の量が減った状態で40代前半からの父親

髪の量が減った状態で40代前半からの父親

父親は40代前半から髪の量が減り、気が付いたらM字ハゲの状態でした。昔は比較的、髪の量が多かったのですが、40歳を過ぎた辺りから減ったように思います。比較的に見た目も重視する性格だった点もあってか、かなり悩んでいたようです。シャンプーを変えてみるなどの努力はしたようですが、目立った効果はありませんでした。

年齢を重ねているため仕方が無いとも思うのですが、やはり本人にしてみれば「仕方ない」では済まない話なのだろうと思います。その後に、M字ハゲ対策として、育毛剤を購入していましたが、家族の目につかないところに隠していました。育毛剤を見つけた際には、かなり驚きました。

気にしていないように見えて、かなり気にしていたようです。しかし、育毛剤の効果があってか、少しずつM字ハゲの部分が改善されたように見えました。やはりケアをしているのとしないのでは、大きな違いがあるのだな、と思ったものです。日常的なケア、大切なものですね。

育毛剤だけではM字ハゲの回復は見込めないのかな

医療

関連エントリー
髪の量が減った状態で40代前半からの父親男性ならでは深刻な悩み男性用のクリニックも増えてきています